2017.02.05

こんなところにPPAP

Skitzmix53が発売されたということで、収録曲をチェックしていたら、なんとあのPPAPが!
まさかとは思いますが、レスミルズの何かのアイテムで使用されたりは・・・(汗)


| | コメント (0)

2012.02.15

悲しい知らせ

この数日間報道されておりますが、Whitney Houstonが2012年2月11日、逝去されました。48歳の若さでした。

Whitney Houstonと聞いて、イメージする曲といえば、一般的には映画「ボディガード」の「I Will Always Love You」の印象が強いのかもしれませんが、私にとって彼女の曲といえば、「Saving All My Love For You」(1985年)です。これを初めて聞いたのはラジオのチャート番組だったと思いますが、その圧倒的な歌唱力と表現力に感動した覚えがあります。

数年前、彼女の久しぶりのヒット曲「Million Dollar Bill」を聴いたときには、あの歌唱力の健在ぶりが嬉しかったのに。これからもロングランナーで頑張ってくれるものと思っていたのに。本当に残念です。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2011.10.04

さすが「伝説のチャンピオン」曲

クイーンの「We Are The Champions」は、音楽史上最もキャッチ―な曲であることが、科学的な研究によって明らかになったらしい。さすが!

詳しくはこちら
http://ro69.jp/news/detail/58380

| | コメント (0)

2010.02.09

祝!グラミー受賞

2年前にこんな日記を書きました。「Taylor Swift」(テイラースウィフト)という、若手女性シンガーについてです。

日記はこちら

その頃、全米ではヒットしていたけど、日本では知名度が低く日本語版アルバム発売もなく、PVも放送されていなかったんですが、先日のグラミー賞でアルバム賞を最年少で獲得したこともあって、日本でのメディア露出も増えてきて嬉しい限りです。もうすぐ来日で、さらに生テイラーを見る機会が多いと思いますので、興味のある方は注目してみてください。

現在20歳の彼女も相変わらず美しいですが、自分としては3年前の彼女が何とも言えない可愛らしさで、もっと早く日本でプロモーションしてれば、また反響が違ったのだろうと思うと、ちょっと悔しいです。

アメリカの女性シンガーはお色気路線に走ってしまうパターンが多いので(汗)、彼女だけは永遠清純派を保ってほしいと思うのですが。どうなるでしょう。

| | コメント (0)

2009.10.26

Muse : The Resistance

Muse
注文していたMuseのアルバムが届きました。さっそく聴いてみましたが、今回も何とも言いがたい世界観をもったアルバムです。1曲目の"Uprising"は現在ヒット中なのでおなじみですが、あらためて聴いてもカッコイイ曲です。この曲のPVも面白いですよ。最後はクマのぬいぐるみが町を破壊しまくります(Youtube)。
4曲目はクイーンが飛び出してきたのかとビックリしましたsweat01

ちなみに、今回、日本盤のDVD付きのものを購入したのですが、アルバム制作映像の模様が日本語字幕つきで見られます。タイトルメニューが凝っていてなかなか面白かったです。

| | コメント (0)

2009.03.29

PV雑記

先日、テレビでU2のプロモーションビデオ(PV)、「Get On Your Boots」を見ました。制作に5億かかっているとか。凝っているんだけど、うーん5億か。。。(汗)でも、こんな不景気な世の中でエラク景気のいい話で、いいことだと思います。U2あまり聴かないんですが、この曲は結構好きかも。

ところで、音楽番組などで見たPVが面白いと感じてそれから曲にも興味が出てくる、というPVから入るパターン、よくあるかと思います。先日、グラミー賞新人賞を受賞した、Adele(アデル)の"Chasing Pavements"も、私にとってはその一例です。PVはこちら(YouTube)

交通事故にあったらしきカップルが道に倒れているんですが、そのカップルが横向きのまま踊りだすという、言葉にするとホラーになってしまいますが(汗)、これが、曲の盛り上がりとともにとてもドラマチックで感動的な感じの仕上がりになっています。ちょっと毒を吐きますと、HIP HOP系にありがちなPVにはウンザリですが、こういう構成が工夫されているようなPVは見ていてとても楽しい(うんざり、って言うのは、キレイなおネエチャンと酒池肉林系、というやつです(汗)。

そして、PVの極めつけと言えば、OK Go の "Here It Goes Again"。以前にかなり話題になったので、ご存知の方も多いかと思いますが、トレッドミルを利用した低予算な感じはあるけれど、その代わりとてもよく頑張ったなーと感じられるPVです。PVはこちら(YouTube)

実際に、これやるの難しいと思うけど、トレッドミルの上でフロントフリックとか、笑ってしまいました。走るとか歩くだけのトレッドミルをこんなダンスに利用するなんて、発想がすごく面白い。レスミルズさん、次のアイテムにどうでしょうかねー「ボディミル」とかで(笑)。

その他・・・
T-Pain featuring Chris Brown - Freeze :ダンスとグラフィックの感じがとても面白い

Mute Math - Typical:逆回しなんだけど、歌う口元があっているのに注目。どうやって作ったんだろう~

Kanye West - Love Lockdown:カニエはどのPVもすごく凝っているけど、これもとてもビジュアルがいい。ライオンキングチック。

上げ出したらきりがないけど、面白いPVは何回見ても飽きないですねぇ。

| | コメント (0)

2009.03.27

E-Type:Rain

AATW(All Around The World)のサイトを見ていたら、E-Typeに関する話題が。UKでのセカンドシングルは「Rain」になるとのこと。ソースはこちら(AATW)

ちなみにUKでのファーストシングルはTrue Believerだったようです。True BelieverのPVは盛り上がるライブの様子(ステージ上がドッカン炎上で迫力あり)でしたが、今回のRainのPVはまたガラッと変わって、セクシーなお姉さんとE-Type仕様のスポーツカーが印象的なものとなりました。

RainのPVはこちらです(YouTube)

AATWといえば、UKのダンス系レーベルでClublandシリーズでもおなじみです。
True BelieverもClublandに収録されていますが、個人的に面白かったのはClubland Xtreme Hardcore 5 に収録されているStyles & Breeze remix。ちょっと早回しな感じですが、アタックでも行けそうな、もしかしたらコンバットにも?といろいろと妄想してしまいました。

E-TypeとAATW。今後の展開に目が離せません。

参考:Clublandの曲リストは、本サイトのclublandのページにも記載しています。ご参考まで。

| | コメント (0)

2008.03.06

25周年

突然ですが、今年はマイケル・ジャクソンの「スリラー」発売25周年です。現在、DVD付き記念盤なども出ているようです。

そんなマイケルといえば、「ムーンウォーク」を思い出される方も多いのではないでしょうか。あの床を自在にすべって歩く姿、今見ても十分衝撃的です。そこで、25周年を記念して、今更ながら私も挑戦してみることにしました、とりあえず家で(汗)

やり方の解説はこちらを参考にしてみました。
@nifty:デイリーポータルZ:僕のムーン・ウォークを見て下さい

なになに、「右足のつま先に重心を置いて、そのまま左足を後ろに引く」ここまでは何とか。でも、その後の重心チェンジ「下げた左足に重心を置きながら、今度は右足を後ろに引く」というところが、中々難しい・・・

ムー。ガラス越しの自分「ぎこちないロボット」感がでも、何回かやってると、おぉそれなりになってきたじゃん。鍛錬すれば、スタジオでもできるようになるか少なくともヒーリングの「股裂き」やジャムの「アイソレーション」よりは、「できそうな感じ」がある気がします

まだムーンウォーク未体験の方は、コレを機会に是非やってみてください。ちなみにフローリングの床で靴下履いてやると、比較的上手くいきますよ、アオッ!

ついでに、マイケルといえば、ジャネットジャクソンもはずせないところですが、現在新譜が出ています。アルバム収録の「FeedBack」が曲もビデオも中々かっこいいです。

***今回のCDお買い物(今日からメモ帳代わりに記入させてください。原則としてLMPの曲収集以外の目的で購入しているものなどです。機会があればこのブログで紹介したいと思います)***

music イッキー・サンプ - ホワイト・ストライプスのアルバム。
music ディシプリン~デラックス・エディション(DVD付) - 妹ジャネットの新譜。
music Just Fine -  Mary J Bligeのシングル。「ファインファインファイン、フー!」のサビが耳に残り購入。Remixバージョンがとても良かった。
music Skitzmix28 -  最新版Skitzmix。今回は上のテーマと関連してるのか、Billy Jeanが収録されているのが印象的。Nick Skitzのコーナーで紹介予定。

| | コメント (0)

2007.07.14

偶然の「再々会」

先日、某所で耳にしたBGMに聞き覚えのあるメロディが・・・BP62のランジ「I Go Crazy」でした。ただし、かかっていた曲はパンプと同じものではなく、元曲のようでしたが、声がとても心地よくて懐かしい感じ。家に帰って調べたら、この曲を歌っていたのは"Paul Davis"らしいということがわかりました。

Paul Davisという名前を聞いて納得。というのも、以前、気になっていた曲があったのですが、曲名もアーティストもわからず、探すのをあきらめていました。その後、偶然入手した80年代ヒット曲を集めたコンピレーションCDでこの曲を発見。それが件のPaul Davisの"Cool Night"でした。この曲、80年代のアダルト・コンテンポラリー王道といった感じの曲で、いかにもな大人な感じの曲調に、当時ませたガキの私は憧れを感じていたのでしょう(笑)数年後、コンピレーションで「再会」した時は大喜びでした。

そんないきさつもあり、このPaul Davisとの「再々会」に運命を感じた私は(笑)、アルバム購入!と思い立ちアマゾンを検索。ちょうどベストを発見したのでアルバムページにジャンプしたのですが、、、
Sweet Life: His Greatest Hit Singles(一部試聴できます)
ジャケ写を見て、失礼ながら「愕然」。風貌はウィリー・ネルソン、といった感じのカントリー風オヤジ。あ、もちろん人柄の優しそうなステキな男性ではあるのですが(汗)。何しろ、曲の感じといい曲調といい、ピーター・ガブリエル風の紳士を想像していたので、想像と実像のギャップにビックリしてしまいました。そういえば、同じアダルト・コンテンポラリーの代表選手「クリストファー・クロス」も声の感じと本人とのギャップがあってビックリした記憶が。まぁそんなもんかもしれませんね(大汗)

ちなみに、「I Go Crazy」がヒットしたのは1978年。同年のヒット曲に"We Will Rock You-We Are The Champion"、"Stayin Alive""おしゃれフリーク"他他。。。他にも興味深い曲があります。ここまで古いとさすがにリアルタイムで聴いていないので調べないと曲がわかりませんが、いろいろな名曲が発掘できそうですね。

| | コメント (0)

2007.06.19

共通点(その2)

いきなり問題です。

Total Eclipse ot the Heart(愛のかげり:ボニータイラー)
Holding Out For A Hero (ヒーロー:ボニータイラー)
Tonight What I Meant To Be Young(今夜は青春:ファイアーインク)

これらの曲の共通点は何でしょうか・・・?

*****

ハイ、前回までのコラム(80年代映画音楽)に登場している曲という共通点がありますが、さらに、ここから「ジム・スタインマン」(Jim Steinman)という名前が出てきたあなた、相当「通」とお見受けしました!(笑)
そして、ジム・スタインマンといえば「ミートローフ(Meat Loaf)」。いえ、料理の名前ではありません。1970年後半から活躍する欧米では超人気のアーティストです。残念ながら、日本ではあまりブレイクしていないのが残念です。ジム・スタインマンは、このミートローフに楽曲を提供しているソングライターで、冒頭に上げた曲もすべて彼の作品です。そういえば、ドラマチックな曲調は共通するところがあるのではないでしょうか。

そして、ミートローフといえば、BodyAttack57のクールダウンに使用されています(It's All Coming Back To Me Now)。もちろん、スタインマンによる楽曲です。セリーヌ・ディオンのバージョンの方がおなじみかもしれませんね。この曲、まさに、「80年代」という感じのベタなバラードですが、とても「ぐっとくる」曲だと思いませんか?同意をいただいたあなたに、収録アルバム地獄のロック・ライダー3~最後の聖戦はオススメのアルバムです。中でも、「Bad For Good」はイントロを聴いただけで「お~~~~クイーンだ!」と反応してしまいました(あわててライナーを読むと、ブライアン・メイが参加しているとのことで納得)。

| | コメント (0)