2004.02.06

頑張れタワーレコード!

Yahoo!ニュース - 経済総合 - 毎日新聞より

ロイター通信は5日、米音楽ソフト販売大手タワーレコードを経営するMTS社が、米連邦破産法11条の適用申請を検討中だと報じた。

日本のタワーレコードにもなんかしらの影響があるのでしょうかね?
日本では順調に店舗数が増えているようでしたが。

個人的な話になりますが、私が新譜を店頭で購入するときは、新宿のタワーレコードが大半です。
「駅からのアクセスが良い」というのも魅力ですが、「音楽を買っている」という気分にさせてくれる、というのが一番の理由になるのでしょうか。店内に流れている曲、がとてもいいんです。BGMを聴いて即購入、ということも新宿店では何枚もありますが、他の店ではBGM買いはしたことがないです。目当てのCDが見つからなくてBGMを聞いただけになったとしても、「面白い曲が聴けたからいいや」と納得するくらいです。

Web通販での購入はとても味気ないものですが、www.towerrecords.comは試聴が充実していて、ちょくちょく利用させてもらっています。こちらの行く末は、直接的だけにもっと心配ですね。試聴ができなくなるのはとても困ります。

頑張れタワーレコード!

| | コメント (0) | トラックバック (0)